日本でiPhoneが人気の理由

バナー

日本でiPhoneが人気の理由

日本にはiPhoneユーザーがとても多く、利用されているスマートフォンの内の実に7割近くがiPhoneであるという統計があります。

しかし、世界的に見てみると、実はAndroidが利用されている割合の方がずっと高いのです。

例えばアメリカでは55パーセントほどがAndroidであり、スペインでは何と87パーセント近くをAndroidが占めています。


では、日本ではなぜこれほどまでにiPhoneが普及したのでしょうか。

その理由の一つに、みんなが使っているものだから自分も使ってみたい、という日本人ならではの心理が働いたことが挙げられます。

iPhone6情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

日本人は、世界の他の国の人々に比べて、周りと同じことをしていると安心であるという気持ちが強い国民であるといえます。

iPhoneは、もともとipodなどでなじみのあったアップル社の製品であったという安心感もあり、市場に出回ると一気に普及しました。

iPhone6の在庫に関するご質問を解決いたします。

そのため、周りが使っているから自分も使ってみたいと思う人が急速に増え、スマートフォンを使うならiPhoneというのが流行りでありお洒落であるかのように捉えられるようになり、更に人気が高まっていったのだと考えられます。





Copyright (C) 2014 日本でiPhoneが人気の理由 All Rights Reserved.