led電球がついているソーラーライト

庭などに利用するソーラーライトと言うのは、太陽光発電を行って発電を行い、その電気を蓄電池に貯めておいて、夜間の照明として利用出来るライトです。
太陽光発電を利用していますので、コストが掛からないというメリットが有ります。


しかし、太陽光発電を利用するソーラーライトは、雨の時や曇りの時などでは発電量が著しく低下する事になりますので、夜間の照明としての価値が少なくなってしまいます。

また、ソーラーライトの中には、夜間の照明として利用出来るのが数時間程度と言う製品もあります。

しかしながら、このライトをled電球にする事で消費電力を少なくする事が出来ますので、長い時間の点灯も可能にするのです。

led電球は、発光ダイオードと言うLEDを利用した電球で、省エネ効果を期待する事が可能になるのです。太陽光発電で発電した電気を効率よく利用するためにも、このled電球の役割は大きいと言えるのです。

led 設計関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

ところで、このソーラーライトには太陽光発電を行う発電回路と、充電を行う充電回路、そしてled電球を点灯させるための回路の3つがあります。太陽の光を、ソーラーライトの天井部分についている太陽電池で受ける事で発電をしていきます。



この発電した電気と言うのは、内部にある充電回路でもある蓄電池に充電をしていくのです。



しかし、この時led電球は点灯をしません。


夜間になる事で、発電が行われなくと、この充電池と言うのは充電から放電へと切り替えをして電球を点灯させるという仕組みになっているのです。因みに、天井部分にある太陽電池に照射される太陽の光を、手のひらなどで塞いでしまうことで、電球は点灯する事になります。

これは、太陽の光が照射されなくなると、自動的に放電が開始されて電球が点灯するということなのです。